2015年05月13日

月額スマホ料金のデータ

ちょっと古いデータですが、月額スマホ料金のデータが以下のウェブサイトにありました。


2人に1人が現在のスマホ料金に不満…… 月額料金を節約する方法とは!?(マイナビニュース)
http://news.mynavi.jp/articles/2014/12/15/u-mobile/


このサイトで調査した月額のスマホ料金が以下です。これを見ると、6,000円〜8,000円が最も多く(30.2%)、その次は8,000円〜10,000円(18.2%)となっています。半数以上が6,000円以上となっています。
* 10,000円以上 - 9.2%
* 8,000円〜10,000円 - 18.2%
* 6,000円〜8,000円 - 30.2%
* 4,000円〜6,000円 - 16.6%
* 2,000円〜4,000円 - 14.6%
* 2,000円以下 - 11.2%

これに対し、半数以上の人が料金に不満を抱いています。お金のない学生が月8,000円もスマホに払っていたり、家族4人で月2万円以上払っていたりしたら家計にとって大きな負担になるでしょう。


また料金に不満を抱いている人に、自身が納得できる価格をきいた結果が以下のとおりです。
* 10,000円以上 - 0.0%
* 8,000円〜10,000円 - 2.2%
* 6,000円〜8,000円 - 11.6%
* 4,000円〜6,000円 - 34.4%
* 2,000円〜4,000円 - 32.2%
* 2,000円以下 - 19.6%

ボリュームゾーンは2,000〜6,000円ですね。4,000円で約5割をカバー、2,000円で約8割をカバーといったところです。3キャリアのスマホ料金では半分もカバーできていないです。Yモバイル(3,980円, プランM)でようやく半数カバーです。


格安SIMの3GB前後のプラン(約1,800円)だったら8割カバーできますし、格安SIMの10GB前後のプラン(2,800円)でも料金的には6割程度はカバーできます。
格安SIMと3キャリア+Y!mobileの料金の比較はこちら。
格安SIMと3キャリアの比較(料金)

このマイナビニュースのサイトにもあるように、「格安SIM」を知っている人、または聞いたことのある人で約7割にもおよぶのですが、いろいろなハードルがあって格安SIMに乗換えないのでしょうね。
それについての過去記事はこちら。
格安SIMがなかなか普及しない理由
格安SIMがなかなか普及しない理由 (2)


ほとんどのユーザーが満足する料金でサービスしているものの、なかなか格安SIMに乗換えない。格安SIM業者にとっては頭の痛いところでしょう。
posted by ふっきー at 18:00 | Comment(0) | 月額料金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。